【一級建築士学科試験】資格学校と独学 / 決める時に考える条件とは?

【一級建築士学科試験】資格学校と独学 / 決める時に考える条件とは? 一級建築士学科試験

資格学校と独学、私にはどっちが向いているのかな?

そもそも独学で合格できるの?周りの人が資格学校に通っているから不安。。

本記事では、そんな疑問にお答えすべく、一発合格に成功した私が、資格学校と独学を決める時に考える条件をご紹介します。

まず前提として、資格学校でも独学でも合格は可能です。是非、ご自身の条件に合った選択をして下さい。(なお、私は総合資格学院に通っていました。その経験を基に書いていますので、ご承知おきください。)

結論から言うと、決める時に考える条件は下記となります。本編で詳しくご説明します。

・経済状況
→様子見の独学はNG!許容できる金額であれば、初年度に資格学校 / 次年度から独学がオススメ

(※様子見ではなく、独学で戦略的に合格を目指す場合を除く)

・生活環境(仕事環境 / 家庭環境)
→仕事環境(休日出勤がある場合など)や家庭環境(ご家庭がある場合など)によっては、融通が効く独学かWEB主体の講座がオススメ

・性格
→お金の支払いが原動力となる性格の方には、資格学校がオススメ

スポンサーリンク

自己紹介

30秒程で読める自己紹介!

資格学校と独学 / 決める時に考える条件・ポイント

・経済状況
・生活環境(仕事環境 / 家庭環境)
・性格(お金の支払いが原動力となるか)

経済状況

多くの方が気にしているコスト面です。(むしろコスト問題さえなければ、ほとんどの方が資格学校に行く前提で、どこに通うかが争点になりそうですね。)

出発点は、支払いが可能な経済状況であるかの検討です。ご家庭があれば、容易に払える金額ではないですし、予定も流動的かと思います。そういった方には、融通が効きやすい独学やWEB主体の講座が良いかもしれません。

このパートでお伝えすべきは、許容できる金額だけど資格学校は高いという理由から、とりあえず独学で1,2年様子を見て、ダメなら通学を検討しようと考えている方は、今一度考えていただきたいということです。(※様子見ではなく、独学で戦略的に合格を目指す場合を除きます。)

まずは独学で、ダメなら通学をオススメしない理由

資格学校のメリットに「方法論が確立したカリキュラムによるスケジュール管理」があります。勉強方法が曖昧(特に法規)かつ、適正なスケジュール管理は、右も左も分からない状況では、かなり難易度が高いです。

つまり、独学でコストを抑えて受かればラッキー!ダメなら資格学校の順番だと、今までのやり方は何だったのか、、となりかねません。

ゆくゆくの資格学校を視野に入れているのであれば、初年度は資格学校→次年度からは独学という順番で、まずは適正な勉強方法とスケジュール管理を経験した方が、合格の再現性が高いと思います。

コスト関係で事前に確認しておくと良いこと

会社によっては、合格祝い金 / 資格学校にかかった費用 / 取得後の資格手当を支給してくれる場合があります。さらには、受験手数料 / 申請手数料 / 登録免許税が支給される場合もあります。

事前に知っている人は少ないですが、一級建築士資格は、受験手数料:約2万円、合格後の申請手数料:約2万円、登録免許税:6万円、他諸経費を含めておよそ10万円が必要となります。知らない状況ではツッコミを入れたくなる出費ですが、これらを支給してくれるのです。ありがたいですね。

また、国の制度として、一定の条件を満たすことで、上限額10万円の一般教育訓練給付金を申請することが可能です。詳しくは総合資格学院のHPをリンクしておくのでご参照下さい。

つまり、初期費用を気にして数年挑戦するよりも、早期で取得し、合格祝い金や資格手当で回収していくことができる訳です。

ぶち夫
ぶち夫

OB・OG、あるいは知り合いがいる環境であれば、事前に聞いておくと良いですね。

生活環境

・仕事環境(残業や休日出社の有無)
・家庭環境(配偶者やお子さんの有無)

仕事環境(残業や休日出社の有無)

建築業界で働く皆さんは、往々にしてご多忙だと思います。残業時間は月平均でどれくらいあるのか、休日出社はどの程度あるのか、これらをよく考えておく必要があります。

残業はある程度許容するしかありませんが、休日出社に関しては、そもそも資格学校の授業に出られないという状況もあり得ますので要確認です。

仕事状況の変化を予想するのは難しいですが、ゼネコン/組織設計/アトリエ/不動産/審査機関/行政機関など、お勤め先の職種や分野によって、繁忙期や残業時間を大まかに想定しておくことをオススメします。

ぶち夫
ぶち夫

先輩や上司にヒアリングしましょう。受験意思を伝えておくこも大切です!

家庭環境(配偶者やお子さんの有無)

家庭環境の変化がイメージ通りに進むことは、99%ありませんよね。特に、ご結婚やお子さんのことは、自分だけの考えでどうにかなるものではありません。

数年を覚悟した取得計画が悪いということではありません。ですが、年次が上がると往々にして家庭環境が変わります。

そのため、職場ではご家庭のある中堅の方々の取得率が低く、手こずっているという状況がかなり見受けられます。

ぶち夫
ぶち夫

特にお子さんがいる場合は、時間捻出が課題になっているようです。

性格(お金の支払いが原動力となるか)

性格で着目すべきはお金の支払いが原動力となるか」どうかです。つまり、こんなにお金をかけているのだから「授業に行かなきゃ / 何が何でも合格しなきゃ」という気持ちになり得るかどうかです。

ご自身の人生で、塾 / 習い事 / 大学の学費など、支払いをして学習の場を得る機会に、そのような感情が働いたことがあるか思い出してみて下さい。その感情が原動力となった経験がある方には、資格学校は比較的オススメです。

ぶち夫
ぶち夫

私は、この感情が働く性格だったので、支払いがマイナスだけではなかったと感じています。

資格学校と独学 / メリット・デメリットはこちら

結局は自分次第

資格学校に通って落ちる人もいれば、独学で受かる人もいます。この実態が意味するのは、結局は自分次第ということです。(元も子もない締め方で申し訳ないのですが、実際そうなのです。。)

では、なぜ大金を投資して資格学校に通うのでしょうか。それは、「方法論 / 効率 / 環境」を得るためです。

独学の場合は、自分でスケジュールを組み立て、勉強方法の方針を決め、自分の挑み方を信じて数ヶ月それを持続する必要があります。これらが上手な方には独学がオススメといえます。

資格学校は、自分で考えなくてはいけないことを省略してくれる訳です。(ただし、過剰とも思える追加講座勧誘や宿題の提供があるため、全てを鵜呑みにしてはいけません!)

一級建築士資格の受験は、いかに早く本気の状態に持っていけるか、そして、いかにその状態を継続できるかの戦いなのです。

ぶち夫
ぶち夫

問題内容は、受験資格をお持ちの皆さんにとって難しいものではありません。限られた時間で、膨大な試験範囲に取り組むことが難しいのです。ご自身の条件を考慮して、本気状態を保てる選択をして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。繰り返しとなりますが、まとめは下記となります。

・経済状況
→様子見の独学はNG!許容できる金額であれば、初年度に資格学校 / 次年度から独学がオススメ

(※様子見ではなく、独学で戦略的に合格を目指す場合を除く)

・生活環境(仕事環境 / 家庭環境)
→家庭環境(ご家庭がある場合など)や仕事環境(休日出勤が多い場合など)によっては、融通が効く独学かWEB主体の講座がオススメ

・性格
→お金の支払いが原動力となる性格の方には、資格学校がオススメ

些細なことでも、本記事の情報がご覧いただいている方のお役に立ち、一級建築士学科試験の合格率を上げる一助になれば幸いです。応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました