【一級建築士設計製図試験】総合資格学院の特別対策講座 / 何を受講する?

一級建築士設計製図試験

総合資格学院の「特別対策講座」って何を受講すればいいの?

受講しなきゃいけない雰囲気だけど、、そもそも受講は必要なの?

本記事では、そんな疑問にお答えすべく、一発合格に成功した筆者の受講経験をもとに、総合資格学院 設計製図『特別対策講座』をご紹介します。

『特別対策講座』で何を受講したらよいか悩んでいる方の一助になれば幸いです。

✔️『特別対策講座』で何を受講したらよいか悩んでいる人
✔️『特別対策講座』はそもそも受講するべきか疑問を持っている人

※2018年度の受験経験であることをお含み置きください。また、特定の講座を推奨するものではなく「どのような考え方で受講する講座を決めたか」ということに焦点を当てた記事となっています。

おすすめの平行定規はこちら

2022年度版【一級/二級建築士設計製図試験】一級建築士おすすめのA2平行定規 / 徹底比較

スポンサーリンク

特別対策講座とは

正規講座以外に資格学校が用意しているオプション講座です。

「高額な授業料に加え、まだ取るか。。」多くの方が抱く感想かと思います。さらに「特別対策講座は受講して当然」という資格学校の態度が、疑念を増幅させます。

深く共感できる感情ですが、そのモヤつきをコントロールしていただき「何を受講するのか / そもそも受講すべきなのか」を戦略的に検討しましょう。

特別対策講座で何を受講したか

『特別対策講座』は、自分の課題を克服できる講座を受講することが何より大切です。

例えば「計画の要点」が合格ラインに達する算段が付いているのに「強化対策講座(計画の要点記述強化)」を受講しても、あまり効果はありません。その時間で他の弱点克服学習をした方が、はるかに合格に近付きます。

筆者の場合、エスキスが課題になると判断し、エスキス訓練に特化した「強化対策講座(エスキス強化)」「直前対策講座+直前集中講座」の受講を決めました。

自分の弱点がよく分からないという場合は、まずは講師に意見を求めると良いと思います。(講師にも様々いらっしゃるので、信頼できるかどうかの判断が必要ですが。)

一級建築士 設計製図 特別対策講座 受講申込書
【特別対策講座「受講申込書」】

全貌が見えていない状況で受講申込書を渡されて戸惑います。
決して安いものではないので、その場の雰囲気で決めずに持ち帰って判断しましょう。

おすすめの製図道具はこちら

【一級/二級建築士設計製図試験】一級建築士おすすめの『製図道具16選』完全保存版

受講して感じたこと

「強化対策講座(エスキス強化)」は4時間30分、と「直前対策講座」+直前集中講座」は4時間です。

作図なしで、とにかくエスキスを行う講座で、受講して感じたメリット / デメリットは下記の通りです。

意図のある課題が出題されるため対応力 / 瞬発力が養われる
・様々な問題に接する機会を得られる
・エスキス能力が高まる

難解な課題は、基礎能力の向上に繋がりにくい
・金銭的負担

メリット

意図のある課題が出題されるため対応力 / 瞬発力が養われる

講座でカバーしきれない意図の課題、例えば「動線に工夫が必要な課題 / 大スパンが必要で鉄骨を使う課題 / 特殊な敷地条件の課題」等が出題されます。

これらは経験で瞬発力が変わってきます。また、本番で経験のない出題パターンが来た場合も、ある程度冷静に対処できる対応力 / 瞬発力」が養えたと感じます。

デメリット

難解な課題は、基礎能力の向上に繋がりにくい

様々な課題に接する機会を得られますが、難解過ぎる課題もあります。

中・上級者にとっては「対応力 / 瞬発力」の向上に役立ちますが、そこまで至っていない場合、よく分からずに時間が過ぎてしまいます。

エスキスの習得が十分でない場合、正規授業の課題を反復して基礎能力を向上させる方が重要です。

まとめ

限られた時間で一級建築士設計製図試験を突破するには、戦略的に挑むことが重要です。

そのため『特別対策講座』は、自分の課題を克服できる講座を受講することが大切です。その場の雰囲気に流されずに、戦略的に受講講座を決めましょう。

些細なことでも、本記事の情報がご覧いただいている方のお役に立ち、一級建築士設計製図試験の合格率を上げる一助になれば幸いです。応援しています。

あわせて読みたい

2022年度版【一級/二級建築士設計製図試験】一級建築士おすすめのA2平行定規 / 徹底比較
【一級建築士設計製図試験】エスキスの基本手順習得 / やり方のおさらい
【一級建築士設計製図試験】記述対策の基本 / 解答例まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました